ほんの寄り道、おきてのみやげ

法令の素顔をゆるりと愉しむブログです

【第8回】んっ、法案ミス?

   f:id:terrabo:20210411150147j:plain

 法令の素顔をゆるりと愉しむブログ、
「おきてのみやげ」の夜間不定期便をお届けいたします。
 ナビゲーターを務めます、テラボ(terrabo)です。

 雑踏の構内から戻って、
6限過ぎの倦怠感をシャワーで流してから…
 今宵は、「法案のミス」のトピックで、
心地よく過ごしましょう。

1 メディアの取材から

 今次は、これまでと趣(おもむ)きを異にして、
メディアに掲載されている記事の中で、
法令の素顔に触れている部分をご紹介します。

 取り上げる記事当時の状況は、
第204回常会(通常国会)において、
令和2年度末(3月下旬)時点で、
閣法(内閣提出法律案)及び条約案(承認を求めるの件)
を提出した全16府省庁61法案11条約のうち、
13府省庁23法案1条約で表記上の誤記があった
(閣法の4割弱)とのことです。 

 当該記事の全体の論調は、
そうした法案ミスが起きる原因や背景を探る
という主旨と思われますが、
本ブログは、法令の素顔を愉しむものなので、
記者さんが、法令に携わる関係者から事実関係
を取材したと思われる、
閣法に関わる「5点セット」等の資料を中心に
取り上げたいと思います。 

2 閣法をめぐる事実関係 

 それでは、さっそく、実際の記事に移りましょう。
 以下の文章は、SankeiBiz が、2021.3.24 06:02に配信した記事
相次ぐ法案ミス、官僚の激務も影響?
 政治と官僚の関係変化が背景か」の一部抜粋です。

  随所のゴシック体表記や略記(…)、注記、行間詰めなどは、
筆者が後付けしました。
 また、「5点セット」等の資料を中心にリンクを貼り、
それぞれの実物がイメージしやすいように工夫しました。

 それでは、長らくお待たせしました。
配信記事のはじまり、はじまり~

「今国会で政府提出法案などに誤記などのミスが相次ぎ、
野党が国会軽視などと批判を強めている。…
 発端となったデジタル改革関連法案(注1)をめぐっては、
参考資料に誤記など45カ所の誤りがあった。
 政府は10日の衆院内閣委員会理事会に正誤表
提出したが、そこにもミスが判明した。
 平井卓也デジタル改革担当相は
12日の衆院内閣委員会で、再発防止チームを設置し、
今月中に改善策をまとめる方針を示した。

『大部にわたる法案(注2)を若い職員だけで
 読み合わせするには何十時間もかかる』

 平井氏は同委で、関連法案が
60を超える法案をまとめた「束ね法案」(注3)
であることを踏まえ、法案を担当する
内閣官房情報通信技術(IT)総合戦略室(注4)に
相当の負荷がかかっていたと強調した。…

 法案は
(1)案文
(2)理由
(3)要綱
(4)新旧対照表
(5)参照条文
で構成され、通称「5点セット」と呼ばれる。

 このうち要綱新旧対照表参照条文
参考資料として添付される。
 法案の核である案文は、どの省庁でも読み合わせを重ね、
誤記を見つけるチェックソフトなども使って確認する。
 デジタル改革関連法案も案文に誤りはなかったが、
手作業での確認が基本となる要綱新旧対照表参照条文
誤りが見つかった。

 ところがその後、産業競争力強化法銀行法両改正案の案文
にもミスが見つかった。…」

(注1)正確には、次のとおり。
   「デジタル社会形成基本法案、デジタル庁設置法案
    及びデジタル社会の形成を図るための関係法律
    の整備に関する法律案

(注2)「デジタル改革関連法案」は、次のとおり、
    かなり裾野の広い法律案です。
    ・ 法律案及び理由 369頁
    ・ 新旧対照表   637頁
    ・ 参照条文    309頁

(注3)束ね法である「デジタル改革関連法案」
     の具体的な内容(冒頭と末尾の部分)は、次のとおり。
   〇 民法 (明治29年法律第89号) (第条関係)
   〇 抵当証券法 (昭和6年法律第15号) (第条関係)
   〇 死産の届出に関する規程
     (昭和21年厚生省令第42号)(第条関係)
      …… 

   〇 公的年金制度の健全性及び信頼性の確保のための
    厚生年金保険法等の一部を改正する法律 
    (平成25年法律第63号) (第59条関係)
   〇 行政不服審査法(平成26年法律第68号)
     (第60条関係)
   〇 公認心理師(平成27年法律第68号)
     (第61条関係)

     なお、束ね法については、【第1回】及び【第5回】で
    紹介(詳解)しています。

(注4)内閣官房情報通信技術(IT)総合戦略室では、
     デジタル改革関連法案の外に、
    〇 デジタル社会形成基本法
    〇 デジタル庁設置法案
   の原案の作成及び取りまとめをしているので、
   相当な立案作業であったと想定されます。
 

3 記事の裏付けを取る  

 マスコミ関係の記者が記事を書くに当たっては、
現場取材などを通じて、事実関係を確認すると言われます。
 ということは、読み手としては、
記事の事実関係の裏を取ることで
記事を深堀りすることができます。

 そこで今回は、「法令ミス」関連の記事を取り上げて、
記事中に必要なリンクを貼ったり、補足の説明をすることにより、
法令のリアルな素顔に迫ってみました。

 今宵は、これでおしまいです。
 それではまた、近いうちにお会いしましょう。